クレジットカードで自己破産をしてしまうケースとは

クレジットカードで自己破産をしてしまうケースも増えているようです。自己破産までとはいかなくても、任意整理をすることになる人は、もっと多いようです。



任意整理の場合には、利息をカットしてもらえるだけですが、デメリットも小さくてすみます。自己破産になってしまうと、資産はすべて没収されてしまいますし、最大で10年間もブラックリストにのってしまいます。

債務整理をするとしても、なるべく任意整理で解決をしたいものです。

クレジットカードで自己破産をしてしまう人の多くは、ショッピング枠で失敗をしています。
ショッピング枠を一括払いにしているなら大きな失敗にはつながりにくいですが、リボ払いにしていると、どんどん利用残高が増えていきます。

ショッピング枠には総量規制もかからないので、大きな枠を持てるケースもあります。



クレジットカードを4枚持っていて、ショッピング枠の合計が300万円、キャッシング枠の合計が200万円であるなら、合計で500万円の借金を作ってしまうリスクがあるということです。

油断していると、任意整理では解決ができず、自己破産をしなければならない事態になってしまうこともあります。
クレジットカードで自己破産をしてしまう人の多くは、クレジットカードの支払いが困難になって消費者金融でも借りてしまっています。支払いが困難になったら、消費者金融でお金を借りる前に、弁護士や司法書士に相談をすることが重要になるでしょう。