クレジットカードのデメリット

クレジットカードを使って買い物をするのは大変便利ですが、それでもカードを使って買い物をすることに抵抗を感じている人は多いのではないでしょうか。

その理由の一つには、どれくらいの金額を使ったか把握できずに、ついついお金を使い過ぎてしまうということがあります。



その都度カード会社のHPにアクセスして利用金額を確認する事はしないでしょうし、お金を持ち歩かない事でお金が減っていく感覚や、お金を使ったという感覚が少なくなり、また気持ちも大きくなってお金を使い過ぎてしまう恐れがあるからです。


クレジットカードは便利でしかもポイントなどの特典がつくので、そのポイントを貯めるためにどんどん買い物をしてお金を使い過ぎてしまうといった、本末転倒な事をしてしまう人もいるようです。



また、支払い方法を毎月の支払を定額にして、生活設計がしやすくなるリボ払いにすると利息がかかるため、いつの間にか限度額がいっぱいになってしまい、利用できなくなることがあるので注意が必要です。



同じくキャッシング機能を利用してお金を借りる場合は、思っている以上に利息かかかって元金が増えてしまう事もあるので、すぐに返すといった短期の目的で借りる以外は、キャッシング機能の使用は避けた方が良いでしょう。


このようにクレジットカードは現金を持ち歩かなくて済む事や、支払いが簡単でさらにポイントや特典が付くといったメリットがありますが、様々なデメリットもあることを認識して上手に利用したいですね。