クレジットカードの選び方

クレジットカードは、現金を持たずに購入ができるため非常に便利ですが、あまりに多くのクレジットカードが発行されており、1人で5枚以上保有しているという人も珍しくありません。

利用するお店ごとに割引などの特典を受けることができる反面、カードが複数になることによって管理が煩雑になったり、カードによっては年会費が発生することでかえって費用が高くついてしまう恐れがあったり、銀行口座の残高も気にせずにカードを使うと後で多額の請求がきますので、できるだけ用途を絞って契約する必要があります。



クレジットカードを選択する基準として、まずは決済機関がどこかを考える必要があります。

また、カードの種類も大切で、頻繁に利用するのであれば年会費と比較しながらゴールドカードを検討するのもいいでしょう。

一番重要なのは、その店やサービスをどの程度利用するかです。
クレジットカードを持つことで割引制度があると思いますので、年会費やカードを持つ手間などを考慮してもなおメリットがあるものは契約するようにしましょう。



クレジットカードは、その店以外でも利用することでポイントが貯まりますし、公共料金の引き落としにも利用することができます。ポイントが分散してしまうとメリットも薄れてしまうので、できるだけ利用の多いカードにまとめるのがおすすめです。
また、利用頻度が少ないのに年会費だけ取られてしまうものもできるだけ整理した方がいいでしょう。